ツイート
@barabarawhiteをフォロー
いつも心は少年時代
特撮やアニメについて、つらつらと独り言や感想を漏らすブログ。 感想は多分不定期じゃないかと。 管理人が覗いたりコメントを確認するのも不定期かと。
プロフィール

ばらら烏賊

Author:ばらら烏賊
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイルプリキュア5話「美しき心!キュアビューティ!!」感想
プリキュアは全部で5人、最後の一人は一体誰なのかなぁ?
れいかさん
誰なんだろうさっぱり解りません!

というわけで今回はビューティ回。
OPの印象や散々ネタにされている「見てるだけ」キャラのせいでいろいろ勝手な印象を持たれていたれいかでしたが、なんとも普通に良い子でした。
今回のやけに拘った作画のせいでビューティ派に転んだ人も多いのでは?
というわけで感想スタート。

まじょりーな
冒頭でいきなり今回の敵、マジョリーナさんが出現。
ピースといいビューティと言い、推しメンの回は新敵なんでしょうか。
ところでマジョリーナさん、8年くらい前にマジョリカさんって友達居ませんでしたか?

あかあお
場面変わって、つぼみよろしく花壇の手入れをするれいかと、相変わらず遅刻してくるみゆき。
すぐ忘れられるんじゃないかと思った「はっぷっぷー!」の口癖もちゃんと使ってます。
れいかの水やりをする姿を視て「青木さん、とっても綺麗!水の妖精さんみたい!」とメルヘン全開ウルトラハッピーなセリフをぶちまけるみゆきに、割と穏やかに対応してくれるれいか。
御決まりの「ウルトラハッピーになれるかも!」というセリフにも「そうですね(笑)」とビューティに反応してくれるあたり、どうやらスルースキルは高い人のようです。
ところでこの構図に始まり、今回やたらみゆきとれいかの組み合わせを推しているような気がするんですけど気のせいですか?
校舎に入って行くシーンとかさりげに手をつないでらっしゃいましたけど。

なにやらみゆきはそこで感じ入ったものがあるらしく、他のプリキュアメンバーにれいかを5人目として迎えるよう提案します。
あかね、やよい、なおも二つ返事で承諾し、弓道場でさりげに凄まじい腕を披露しているれいかの所へ。
どげざ
清々しいくらいの土下座外交に加え、「こんなへんてこりんな生き物」とプリキュアの存在を信じさせるためにキャンディまで差し出す始末。
しかしれいかは今忙しいから、とクールに御断りします。
というのも、生徒会長が風邪で倒れてしまったせいで、副会長として生徒会主催の絵本読み聞かせ会を進行しなければならないのだとか。
会長先週はぴんぴんしてたのにー。
と、ここでみゆきが持ち前のアグレッシブさで生徒会の手伝いを自分たちもする、と申し出ます。
ことわり
おかしな連中に関わってもらいたくないのかやんわり断るれいかでしたが、生徒会のモブ二人は乗り気。
結局、やよいの活躍もあって高クォリティな人形劇の舞台を演じることとなりました。
きらきら
皆の申し出に思わず感激してしまうれいか。
厄介者扱いしていたわけではないんだね!
くちびる
っていうか今回作画が女児アニメだってこと忘れてますよね。
OPの時から思ってたけど、れいかはなんか唇キャラな模様です。
唇を映すシーンがこれでもかと艶めかしいあたり、スタッフの駄目な気合を感じます。

よにん
おひめさま
やよいの描いた御姫様の絵にさりげなーく見惚れて見たり。
れいか1
れいか2
糞っ、これは青派の罠だッ!!
なんなの、その作画レベル4クールアニメに使う労力じゃないよ!?

そうして無事に迎えた読み聞かせ会本番。
なにそれ
みゆきがさりげなく顔芸ノルマをこなしたりもしましたが、概ね問題なく進行していきます。

が、そうは問屋が降ろさない。
冒頭のマジョリーナさんが普通に歩いて登場。
毒りんごを皆に進めて「自分で毒りんごいうな」とあかねに突っ込まれてました。
れいかに至っては「保護者の方ですか?」とやけに現実的過ぎて微妙にズレた事を言う始末。

マジョリーナさんがテンポよく皆を絶望させてくれたおかげで戦闘パートに入ります。
なお
どうやらなおもボケ枠のようです。
あんたその認識でれいか誘ってたんかwwwww
よにんへんしん
もふもふ
「ホントにまた変身した!」
と髪の毛もっふもふしながら今更驚くマーチ可愛いよマーチ。
ぐ^
尚、キャンディはチョキだから負けたようです。
どう判断するんだあれ。

が、今回の敵は白雪姫の鏡を使って分身攻撃を披露。
とりあえずどれか本物に当たるまで必殺技ぶっぱしてみよう!としょっぱなから全員で必殺技発動。
学習しろよお前らwwwwwwwwwwwwwww
ひっさつ
このシュールなチャージ光景。
そして案の定全員外しました。
脳筋しかいないだと!?

と、あまりのプリキュア四人組の間抜けっぷりに調子こいたマジョリーナさん、一生懸命作った白雪姫の人形を踏みつけてしまいます。
これがいけなかった。
正気をとりもどしたれいか、ややキレ気味にマジョリーナの前に立ちはだかり
「私は、この七色が丘中学校生徒会副会長、青木れいか!」
と、まるでフルメタルパニックの最終回のような見栄を切ります。
しかしこのシーン、れいかの責任感の強さが出ていて格好良いっすよね。
ところでサニーがそろそろツッコミの過労で死にそうです。

そのれいかの心に反応したのか、恒例のプリキュア空間へ。
へんしん
へんしん2
どうやられいかもボケ枠のようです。
あかねが楽になる日は来るのか……?

へんしん3
へんしん4
へんしん5
へんしん6
やけに拘りの見られる変身バンクでとうとうビューティ誕生。
でもサニーさんからの名前への突っ込みは在りませんでした、残念。
しかし変身した事には流石に驚いたのか、「なんでしかこれ!」とちょっと取り乱してました。
が、序盤で見せたスルースキルの通りに状況適応能力はマーチに突っ込まれるほどに高いようで、早々にプリキュアの特性を呑み込み、さらに敵が鏡による分身ならば一帯だけ左右が違う筈だという攻略法まで発見します。
まさに知性の青き泉。
ひっさつ1
そしてなんか世界観の違うようなやけに格好いい必殺技バンク。
剣は使わないんですねー、残念。
ひっさつ2
しかも顔芸はなし!
流石ですわーれいかさん、扱いが全然違いますわー。
でもなんか凄い妖しいシーンですねこれ(最低)

きまし
きまし2
きまし4
きまし3
何アニメだコレ。
超高層キマシタワーをぶっ立てて今回は締め。
っていうか組み合わせは桃×青だったんですか、上北ふたご先生が荒ぶってしまうぞ。

と、何だか大人の思惑が爆発したような回でしたが、なにはともあれ五人のプリキュアが揃ったわけです。
ここからきっとぶつかりあったり、また仲を深めあったり、「あんたとはプリキュアってだけで友達でも何でもない」とか「あんた他に友達いないの?」とかやって少しずつ本当のチームとなって行くのでしょう。
ここからが本番の様なもので、ますます目が離せないですね、プリキュア5スマイルプリキュアは!
しゅうごう
スポンサーサイト

テーマ:スマイルプリキュア! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://itumokokorohasyounen.blog.fc2.com/tb.php/36-c0b9022b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。